メイン | マシニスト »

December 01, 2005

ロスト・イン・トランスレーション

2003年【米・日】
Lost in Translation

Bill Murray と言えば?

「3人のゴースト」「チャーリーズ・エンジェル」を挙げずに
「ゴーストばすたーーずっ!」って元気良く言っちゃう人には
とっても良いかも。(俺もそのクチw)


あのコッポラ家の愛娘で、スター・ウォーズ エピソードI でもチョロっと出てきた
「Sofia Coppola」の脚本監督第二段。
(「マルコヴィッチの穴」のSpike Jonze監督の元嫁だ。)

全てが女性視点で描かれているんだなーって判る。
「淡い」としか表現しようの無い静かなラブストーリーと「トーキョー」が妙に融合している。


が、ともかくも、「英語が好きな人」にこそお勧め。
これを観た最終的な感想は「英語を勉強していて良かった」。コレに尽きる。
いい映画なんだけどね。


中盤以降~ラストシーンは、俗っぽい予想を裏切る綺麗な展開。
ホント、女性的ないい映画でした。


投稿者 Min : December 1, 2005 12:00 AM